初めてでも使いやすい日本光電のAED

日本光電が製作するAEDをご存知ですか。このメーカーは最新の技術を取り入れた製品作りをしていることで有名ですが、AEDを製造しているメーカーとしてもとても有名です。製品の特徴として、誰でも扱えるシンプルな機能を目指して作られています。まさにユニバーサルデザインとも言える物なので、直感的に操作を行うことができるのです。また、電極パットの装着や心肺蘇生などの重要事項の一連の操作を、音声ガイドで指示してくれますので、扱うことが始めてという方にも安心して使用することができます。また、こういった製品で重要なことは手早く操作ができることです。実際の現場でもたつくことのないように、機能がとてもシンプルになっていることもメリットです。日本光電の製品の価格は、さまざまなタイプがありますのでピンきりですが、価格が高いものほど機能も高い製品になります。

日本光電のAEDの価格ときっちりとしたサービス

日本光電というメーカーは医療に関係している器具の製造、販売を行なっているメーカーであり、AEDの製造も行なっています。また当該メーカーで取り扱っているAEDは我が国で製造された機器であり、顧客からの評価が高いとされています。ところで、価格はというと高価であり、機器だけでも30万円台から40万円台とされています。専用のパット、バッテリーもつけるともっと高くなります。ただ、こういう生命の維持にとって大切な機械の場合は価格だけではなく、アフターサービスなどがきっちりしているという部分も着目しておかなければならないですが、日本光電の場合、アフターサービスがしっかりとしており、機械の使い方などのレクチャーも行なっているのが強みです。なのでこうした事実から確かめると高い値段というのは納得がいくと言えます。

AEDと日本光電での価格

AEDは専門的な知識がなくても心室細動などの致死性不整脈の人を救助するための装置です。昔、アメリカのある都市で突然死で亡くなる人を減らすために、一般市民に人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生術と呼ばれる応急措置を教える、という教育をしました。その結果が実を結び、現在の教育などに取り入れられることになったのです。そしてできたのがAED。見たことがないと言う人がいないほどいろんな場所で見かけます。使い方は機器をあければ音声が流れてくるのでそれに従いますが、最近ではその前に必要な心臓マッサージが十分にできず、機械にばかり気を取られて亡くなってしまう方もいるようです。また、この機械の価格は種類にもよりますが、日本で生産している日本光電でおよそ300万円で売られているようです。レンタルもできるので詳しい値段は問い合わせで聞けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)